花を見て楽しもう! FLOWER'S
コンテンツ

夜勤もある看護師求人

以前は看護婦と呼ばれることが多かったですが、現在は看護師となり、男女関係なくこのような名称で呼ばれるようになりました。

看護師の業務は様々で、病院で医師のお手伝いや、患者のサポートまで幅広く扱っています。また、患者とその家族が安心して医療を受けられるように相談に応じるなど、心の面でもサポートする事が求められます。

時には、夜勤もあり長時間に及ぶ過酷な勤務であり、肉体的、精神的に楽なお仕事ではないので、退職される看護師が後を絶えません。看護師求人をしている病院も多いのではないでしょうか。

認定看護師になるためには、保健師、助産師、看護師のいずれかの免許取得者で、実務経験が通算5年以上(そのうち3年以上は認定看護分野の経験があること)、600時間以上の認定看護師教育課程を受講し、認定看護師認定審査を受け合格しなければなりません。

その後も5年ごとにレベル保持のため、更新審査を受ける必要があります。

認定看護師は生涯勉強をしなければならないので厳しい資格と言えますが、認定看護師を募集している病院も多いようです。